株式会社 クリスタルアート

株式会社クリスタルアート 精密プレス加工、ルーター加工、座グリ加工、
半導体基板やプリント基板の精密加工は埼玉県戸田市クリスタルアートへ

お問い合わせ窓口

 

営業品目

半導体基板加工
プリント基板加工

 

HOME»  4本支柱油圧プレス

4本支柱油圧プレス

4本支柱油圧プレスの説明

プレス機のテーブルとスライドラム±20μ平行度が0.02~0.03の値で仕上がっているため、5μクリアランスの金型がセットが可能。製品に合わせた加工モーションを選ぶことができます。
また、下降速度も製品を加工する寸前で1/14にスピードを落とすために、加工時の音と振動は極めて少なく、製品を抑えて押し抜く為にマイクロクラックが発生しません。
さらに、別紙の特殊掘金型を使用することにより、今までルーターでなくては出来ないとまで言われていた加工が、プレスでも可能です。
加工精度は精密金型を使用する為、±15μの精度で加工が出来ます。

 

4本支柱油圧プレスの説明

 

1.プレス加工仕上がり精度について

図-1 プレスガイド(PG)孔φ1.5に対し、PGのピンはφ1.475を使用のため、±公差は理論上では12.5μとなりますが、実際には4ヵ所にPGがある為NC孔のバラツキや材料の伸縮等によりPGと製品間でのクリアランスは10μ以下となります。
●金型の±公差は2μ以内の精度に仕上がっています。
※製品加工精度について下図の1~8と11は±12.5μと金型精度の2μを考慮するとMAX14.5μになります。(理論値) よって、製品のNC孔精度及び印刷、基板の伸縮の精度が14.5μに+αされレンジで25μ以内の加工が可能です。
尚、9・10・12・13・14・15はレンジで25μ以内の加工精度は可能です。

 

1.プレス加工仕上がり精度について

 

2.プレス加工仕上がり精度について

図-2 プレスガイド(PG)孔φ1.5に対し、PGのピンはφ1.485を使用の為、±公差7.5μ以内に収まります。
●金型の±公差は2μ以内の精度に仕上がっています。 ※製品加工精度1~8と11は±7.5μ+2μ=MAX9.5μ以内となります。但し、製品のNC孔明精度及び印刷、基板の伸縮の精度が±9.5μに+αされレンジで20μ以内の加工が可能です。
●プレスガイドピン両サイドにφ1.5のパンチで孔を開けることで製品の加工精度は極めて良くなり、安定したプレス加工と精度が保たれます。

 

3.シェービング加工について

図-2(15) スリットの幅に対してシェービング量は、片側25μ+25μが、現在加工している中ではベストと思われます。
●±精度は、レンジ±10.0μ以内。
●プレス加工後、シェービング仕上げの製品の場合は、図-2の工法の場合レンジ25μ以内で加工可能です。

 

3.シェービング加工について